ケアマネージャー 資格

ケアマネージャーの資格について

ケアマネージャーの仕事に求められるものとはなんでしょうか?

ケアマネージャーの役割とは、介護を進めていくためのケアプランを作成し、介護サービスを提供する側とされる側を「つなぐ」仕事をする人。そんなケアマネージャーには資格があります。

ケアマネージャーの資格は、介護・保健・福祉の分野で定められた実務経験・要件を満たしたうえで、試験に合格すると取得することができます。

受験資格を得るための必要な要件のなかには、医療系の国家資格を持っていることや、介護関連の実務経験があるなど細かい条件が定められており、それらのいずれかを満たすことが求められます。

そして、資格を持っているだけでケアマネージャーとして十分な仕事ができるか、というとそうではありません。介護や福祉に関して深い知識がいりますし、もちろん経験も必要になってきます。

そのため、ホームヘルパーなどの経験がある方、介護施設で働いている方が資格を取得してケアマネージャーを目指す、という場合も多いそうです。

実際の現場を知っている分、そうした方は現実に即したケアプランを作成できるというメリットがあるといいます。さらにケアマネージャーとして仕事をしていくためにはやはり、一人ひとりの要望に合わせてケアプランを作成できるコミュニケーション力なども求められます。

ケアマネージャーの求人募集としては、まず資格を持っていること、さらに介護関連の実務経験などが求められます。ケアマネージャーの仕事にチャレンジしたい方は、まず実務経験を積むことが先決といえるでしょう。

ケアマネージャーの仕事、求人メニュー

ケアマネージャーの仕事、求人 トップへ
ケアマネージャーの役割とは?
仕事内容とは?
資格について
ケアマネのやりがいって?
仕事の大変さ
ケアマネージャーの需要は?
求人はどう探す?
仕事が見つかる求人サイト
求人のチェックポイント
ケアマネ求人は正社員? アルバイト?