ケアマネージャー 仕事内容

ケアマネージャーの仕事に関して

ケアマネージャーの役割は、介護される側とする側を適切につなぎ、継続的にケアプランを作成し管理することです。ここではケアマネージャーの仕事内容について紹介しましょう。

まず、冒頭でも述べたとおり、ケアプランを作成するのはケアマネージャーの主要な仕事のひとつです。必要な介護はどの程度のものになるのか、本人や家族の希望はどうか、家庭の状況や環境はどうか、といったことを総合的に判断しながら、ケアプランを作成していきます。

利用できる介護サービスは介護度によって変わってきますので、介護度と家庭環境などを勘案しながら決めていく必要があります。

また、ケアプランを作成したあとは、月に1度、そのケアプランが現状に合っているかどうかを見直し、必要に応じて修正していきます。介護サービスは、このケアプランに沿って提供されていくこととなります。

このように仕事内容というと、ケアプランの作成や見直し、そして実際の介護サービスが提供されるように報告や連携をとることですが、実際にその仕事をするためには、さまざまな仕事が発生します。

たとえば本人や家族から詳しく話を聞き取ったり、提供できる介護サービスはどのようなものがあるかを伝えたり、実際に提供した介護サービスの記録をとったり・・・といった具合に、仕事が発生していきます。

同じ症状でも、希望する介護サービスやその頻度などは、人によって異なるもの。ケアマネージャーには、一人ひとりの要望に配慮しながらケアプランを作成していくことが求められます。

ケアマネージャーの仕事、求人メニュー

ケアマネージャーの仕事、求人 トップへ
ケアマネージャーの役割とは?
仕事内容とは?
資格について
ケアマネのやりがいって?
仕事の大変さ
ケアマネージャーの需要は?
求人はどう探す?
仕事が見つかる求人サイト
求人のチェックポイント
ケアマネ求人は正社員? アルバイト?