ケアマネージャー 役割

ケアマネージャーの役割について

ケアマネージャーの仕事や役割とはなんでしょうか?

実際に介護に携わったことのある方や介護の現場で働いている方なら、ケアマネージャーと接したことのある方はほとんどだと思います。ですが、実際に介護に携わっていない方にとっては、どんな役割の人なのか想像がつきにくいのかもしれませんね。

ここでは、介護の現場において、ケアマネージャーが果たすべき役割について紹介してみたいと思います。

ケアマネージャーは、主に在宅介護をされている人の「ケアプラン」を作成しながら、その人に必要な支援はどのようなものかを決めていくのがその役割です。

一度ケアプランを作成したらそれで終わりというわけではなく、定期的のその人の状態を見、家族と本人の希望を聞いたうえで、最適なプランとなるように管理をしていく必要があります。

そうした作業を通して、介護が必要な人をヘルパーさんなどをはじめとした介護サービスとつなぐのがケアマネージャーの役割と言ってよいでしょう。

介護は、自分の身に降りかかってみなければ分からないことが多い世界だと思います。

どんな介護サービスが利用できるのか、お金はどのくらいかかるのか、よりよい状態とはどのようなものなのか、実際にその立場になってみても分からないことは多いでしょう。

そんなとき、その世界のプロとして必要な知識を提供し、利用できるサービスを選択する助けをしてくれるのがケアマネージャー。施設などに入所している方はもちろん、在宅介護をする方にとっては、まさに欠かすことのできない存在といえるのではないでしょうか。

ケアマネージャーの仕事、求人メニュー

ケアマネージャーの仕事、求人 トップへ
ケアマネージャーの役割とは?
仕事内容とは?
資格について
ケアマネのやりがいって?
仕事の大変さ
ケアマネージャーの需要は?
求人はどう探す?
仕事が見つかる求人サイト
求人のチェックポイント
ケアマネ求人は正社員? アルバイト?